たまおのブログ奮闘記

鍼灸師・柔整師が語る健康や整骨院開業のサポートブログ

店舗経営には欠かせない!コンセプトの意味を考えよう!

コンセプト

今回は鍼灸院や整骨院はたまた他の業種でも店舗を持つという点に関して、必ず出てくる【コンセプト】について書こうと思います。

整骨院だけでなく、店舗経営を考えている人なら避けて通れないコンセプト設定。

いきなり横文字で言われてもわからないですよね……。
僕も当時はかなり悩まされました。
大体どの本を読んでもコンセプトを決めなさいと出てきたもんです。

そもそもコンセプトって何?どうやって決めるの?

そんなことを一緒に考えていきましょう(^^)

こんな人にオススメ

◆コンセプトという言葉がわからない
◆どうやって決めるの?
◆コンセプトは開業や経営と関係あるの?

◆鍼灸整骨院業界12年目
◆総施術件数20000件超え
◆現在、開業して鍼灸整骨院の運営


これらの実績を持つ鍼灸師・柔道整復師の管理人が記事を作成しています!

そもそもコンセプトとは?

自分が店舗を経営していくうえで
「こんな店舗にしたい!」
という設定のようなものです。

例)
白を基調として清潔感があり、来るだけで気持ちが明るくなるような場所
和を中心とした落ち着いて過ごせる空間

こんな感じに外向け=顧客向けに伝える店舗イメージや店舗の方向性がコンセプトになります。

これがしっかりしていると色合いや必要な備品、内装の雰囲気などが決めやすいですね。

逆にコンセプトがしっかり定まっていないとチグハグな店舗が出来てしまい、顧客の獲得になかなかつながりません。

外向けのイメージ付けがコンセプトとすると内向けのイメージ付けには【理念】というものが挙げられます。

【理念】とは?

コンセプトが外側=顧客側に向けた方向性だとしたら、理念は内側=自分やスタッフに向けた方向性と思えばわかりやすいです。

自分たちはこんな考えをもって仕事してるんだ!
仕事をしていくうえで、こんな信念があるんだ!

これが理念。(と、思っている。)

もうね、僕はまったく違いが理解ができなかった。

no-img2″>
 <figcaption class=

コンセプト?なんだそれ食えるのか?

no-img2″>
 <figcaption class=

理念?それは食い物の名前か?


本当に毎日こんな状態。 いずれ記事にしていく予定ですが、創業計画書も経歴や今までやってきたことは それなりに書ける!やってきたことを書くだけだから!!

しかしコンセプトてめーはだめだ。


意味が理解できていないのに考えられるわけもありませんでした。

今だからわかるコンセプトや理念

コンセプト=顧客側に向けたこの院の強み、方向性など
理念=同じ職場で共有しておくべき会社の方針や考え方

と、いう風に自分の中で落ち着きました。

あくまで自分で考えてみて納得のいったものですので、決してこの考え方が正解ではありません。

皆さんの考え方の一つの参考になればと思います(^^)

コンセプトと店舗づくりの関係性

コンセプトのとらえ方や考え方についてはご自身の納得した考え方でお願いします。

さて、実際に店舗づくりをするにあたってこのコンセプトがかなり大事になってきます。

自分の店の軸となる考え方ですから、これが定まっていないと開業した後にあれこれと色んなものに手を広げてしまいがちです。

「●●しただけで月商100万円!」
「〇〇を導入したら月の売り上げが150%アップ!」

みたいな広告を独立してからよく見るようになった気がします。
今までもあったんでしょうけど、意識がそこに向いていなかった。

「こんな甘い誘惑にはだませれないZE☆」
資料請求ボタン ぽちッ


みたいなことも良くあります(自分にはですが)

しっかりと自分の中でコンセプトが定まっていれば甘い広告にも誘惑されずに自分にとって本当に必要な、コンセプトと合致したものだけを見ていけるはずです。

逆に言えば、定まっていなければ色んなものに手を出しては失敗したり、手を広げすぎて訳が分からなくなったり。

こうなった時に困るのは自分だけではありません。

利用してくれている顧客側にも被害が出てしまいます。

no-img2″>
 <figcaption class=

言ってることがコロコロ変わると困るよね~

まずは自分の強みを見つけよう!

自分が得意としているものを紙に書いてみて下さい。
5個くらいあれば充分です。
それと一緒に自分のダメなところも書いてみましょう。

記入出来たら
【ダメなところをメリットに換える】
事ができないか考えてみます。

僕はこれで自分の方向性が定まりました。 自分の例を挙げさせてもらうと

話すのが苦手→あまり話さずリラックスして施術が受けられる

という風になりました。
ですので、施術中も人によるところはありますが割と無言なことが多いです。
(最低限必要なことは聞かせてはもらいます)

このことに気づかせてくれたのは通院してくれている患者様からの一言でした。


「先生はあんまり話さんからゆっくりと施術が受けれてええわ」


しっかり話をして、患者様の情報を聞かなければ!
ということばかりを考えていた自分にとって、この言葉は意外な一言。
かなり考え方が変わったことを今でも覚えています。

自分で思いつかなければ友人や家族に聞いてみるのもいいかもしれません。
客観的に見てくれていますので、思いもよらない自分の特徴が出てきたりしますよ!

コンセプトの意味を考えようのまとめ

◆店舗づくりはコンセプトから考えよう
◆コンセプトと理念の違いは外向けのものか内向けのものか
(これはたまおの考えです)
◆コンセプトが決まれば店舗の方向性も大まかに決まる
◆自分の強みを見つける!

以上です。
少しでも皆様の参考になれば嬉しいです(^^)

↓↓クリックしてもらえると励みになります(^^)↓↓
にほんブログ村 健康ブログ 整骨・接骨へ