たまおのブログ奮闘記

鍼灸師・柔整師が語る健康や整骨院開業のサポートブログ

君たちは五等分の花嫁という傑作を知っているか?

五等分の花嫁


皆さんはラブコメは好きですか?


少女漫画では恋愛ものは王道ですよね。
少年漫画では恋愛ものもあるけれど、だんだんとお色気ものに変わっていく……。
みたいな悲しいこともあります。


今、すごく人気の出ているこの漫画を皆さんはご存知でしょうか?


五等分の花嫁


という傑作を……。


もとよりジャンプを読んで育ってきた僕。
そんな僕がI'sやいちご100%を読んでこないわけがありません。
両作品とも素晴らしい名作でした。


しかしこの度、めでたくこの両作品を上回るものが世に出て来たのではないでしょうか?
今回はこの『五等分の花嫁』という作品の魅力について解説していきたいと思います(^^)


ちなみに僕はI'sなら泉ちゃん、いちご100%なら西野派です。

作品紹介

結婚式当日、式場の部屋で微睡んでいた新郎の上杉風太郎は妻と初めて出会ったときを思い出す。

当時高校2年生の風太郎は成績優秀だが生家が借金を抱えており、貧乏生活を送っていた。

風太郎は中野五月という転校生と知り合い、勉強を教えるよう乞われる。

しかし風太郎はこれを断り、さらに放った一言が彼女の怒りを買ってしまう。

その直後、風太郎は妹から「富豪の娘の家庭教師」というアルバイトの話を聞かされ、借金返済のためにその仕事を引き受ける。

あらすじをWikipediaから抜粋。


ざっくりまとめると貧乏な主人公(上杉風太郎)お金持ちのお嬢様たち(五つ子)の家庭教師をするお話。


他紙で連載中の勉強ができない子たちと少しお話が似ていますね。


個性的な五つ子の姉妹を、我が道を行く主人公がどたばたとストーリーを繰り広げていきます。
この作品、特徴的なところはすでにこの中の誰かとの結婚が確定しているということ。


第一話の冒頭はこの中の誰かとの結婚式のシーンからスタートします。
この花嫁はいったい五つ子の中の誰なのか?
それを推理していきながら読んでいくのもこの作品の楽しみの一つです。


作者:春場ねぎ先生の前作「煉獄のカルマ」の時から


no-img2″>
 <figcaption class=

綺麗な絵を描くな人だなぁ


と思っていました。


連載が終了してしまい、しばらく時間が経った時に読切が掲載。


もうね、読切の時からビビッと来ました。


何を隠そうCP厨である僕。

こんな可愛い女の子たちが出てくる漫画があるのか。


no-img2″>
 <figcaption class=

まだ読切……だと……?


no-img2″>
 <figcaption class=

頼む……連載まで行ってくれよ……!


と神頼み。

他力本願マンの僕は自分でアンケートは出しませんでした。
すみません。


連載が決まった時は本当に嬉しかったです!

すでにアニメ化もされている!


2019年1月にアニメ化されていました。

その声優陣がかなり豪華だったことからも話題に上がったのではないでしょうか?


上杉風太郎:松岡禎丞
中野一花:花澤香菜
中野二乃:竹達彩奈
中野三玖:伊藤美来
中野四葉:佐倉綾音
中野五月:水瀬いのり


うーん、あらためて見ても豪華ですねぇ……。


ちなみに2期の作成も決定しているとのことです!
今から続きが楽しみですね(^J^)

五等分の花嫁の魅力的なところ

ここからは僕が思う五等分の花嫁という作品の魅力的なところについてお話します(^^)

◆ストーリーに伏線が散りばめられている
◆キャラが魅力的
◆絵が綺麗


主にこの3点です!

ストーリーに伏線が散りばめられている


いわゆる学園ラブコメ系の漫画にジャンル分けされるのでしょうか。

学生×恋愛なんで、きっとそうでしょう。


五等分の花嫁の良いところの一つとして話がしっかりしていることが挙げられます。
いわゆる引き延ばし回のような話はほとんどありません。
(そこに物足りなさを感じることもありますが……)


そしてこのストーリー、連載前から考えていたんだろうなぁと思わされます。
別作品ですが、進撃の巨人もラストまでのストーリーをあらかじめ考えていたとのこと。


勉強を教えていくうえでの信頼関係の構築や成績を上げていくまでの過程。
主人公と五つ子の関係性の変化、少しずつ絡んでくる恋愛模様。


ただ心をくすぐるような、甘酸っぱい青春だけを描いているわけではありません。
至る所に伏線になるような描写が散りばめられているのです!


あの時のふとした一言。
あの時の行動。


後からの話で繋がってきます。


no-img2″>
 <figcaption class=

あ、あの時の……!


こうなること間違いなし。
読み返していけば新しい発見が出てきます。


何回読んでも新鮮な気持ちで読むことができる作品です(^^)

絵が綺麗で読みやすい!


これって意外と大事な要素です。


表紙の絵柄が自分好みだとついつい買ってしまいますよね?
五等分の花嫁は表紙も綺麗ですし中身ももちろん綺麗です!


もちろん人によって好きな絵柄や書き方があります。
なので個人的な感想です。


うん、絵が綺麗。
見やすいし。


先ほども挙げた春場先生の前作「煉獄のカルマ」の時に比べて意図的に作風を変えているであろうところも凄いですね!

キャラが個性的かつ魅力的!


学園ラブコメものとジャンル分け(勝手に)されているわけですが
主要な登場人物はそれほど多くありません。

と言うかほとんど主人公と五つ子姉妹のみで話が進みます。
ですので、彼らだけにスポットが当たって話も進むのでテンポが非常に良い!


少しサブキャラが出てきたりする面もありますが、恋愛要素で絡んでくることは無さそうですね。


話が進むにつれてキャラが増えていって……。
みたいなことは今後もなさそうなので安心です(^^)


ヒロインとなる五つ子姉妹たちは本当に全員が魅力的です。
全員が良いところもあるし何より可愛い。
一人ずつの性格もしっかりと確立されているので、推しもできやすいでしょう。


かくいう僕もだいたいどの漫画を読んでいても推しが一人はできる傾向にあります。


でも


no-img2″>
 <figcaption class=

この漫画は推しが選べねぇんだよなぁ~!!


みんな違って、みんな良いなんです!


一話読んでいくたびに話のメインになるヒロインも変わりますのでそのたびに心が揺らされます。


もはや僕にできることは「箱推し」になって全員が幸せになってくれることを祈るのみ……。
この子たちが悲しむ姿が見たくないんや……。


これはもはや子を見守る親の心境。
この考え方が良くないものとわかっていても僕はこう思わざるを得ない。


no-img2″>
 <figcaption class=

頼む、どんな流れでもいいからハーレムエンドで全員を幸せにしてやってくれ……!!


※ただし公式ですでにハーレムエンドは否定されている模様※

まとめ


2019年6月に最新刊10巻が刊行された時点560万部を超えているという大ヒット作品。


アニメ化も早かったですし、ここ最近の漫画の中でもかなり売れている部類です。


週刊少年マガジンで好評連載中。

今ですと電子書籍やマガジンの公式アプリからでも読むことが可能です!



だまされたと思って一度読んでみてくださいよ旦那。へへっ。


話の伏線を読み解きながら誰が花嫁になるかを考えるもよし。
あぁ~可愛いんじゃ~^^と感じるも良しです。


読み始めたら出てる分は読むべきです。
なぜなら面白いし凄いから(小並感)
話が進むごとに伏線や謎が解決されていくので、途中でやめるのはもったいないですね!


さ、僕もまた一から読み直そうかなぁ(^^)