たまおのブログ奮闘記

鍼灸師・柔整師が語る健康や整骨院開業のサポートブログ

朝活とは?簡単にできるおすすめの朝活スタート方法!

朝活 朝活とは おすすめ

皆さん『朝活』はご存じですか?

単語は知っている、すでに実践している、なにそれ美味しいの?

『朝活』と聞いただけでも様々な反応があると思います。


実はこの朝活、あなたのスキルアップに超重要な役割を果たしてくれます!


no-img2″>
 <figcaption class=

朝活ってそもそもなに?

no-img2″>
 <figcaption class=

朝活にはどんなメリットがあるの?


このような方はぜひ読み進めてくださいね(^^)

朝活を始めることで、きっとあなたの人生にもプラスの反応が生まれます!


no-img2″>
 <figcaption class=

僕の実践していることも紹介します!

◆鍼灸整骨院業界12年目
◆総施術件数20000件超え
◆現在、開業して鍼灸整骨院の運営


これらの実績を持つ鍼灸師・柔道整復師の管理人が記事を作成しています!

朝活とは?

朝活 朝活とは おすすめ

その名の通り、朝から活動すること。

セラピスト界隈では朝活=学びの場にしている人が多いです。


本を読んだりネットで情報を仕入れたり。

いわゆるインプットタイムですね!


他には筋トレやジョギングで体を動かすタイプの人や瞑想をしてメンタルを整える人。

一日のタスク整理をする人など、朝活での時間の使い方は様々です!


no-img2″>
 <figcaption class=

朝活とは〇〇をすることだ!


こんな決まりはなく、朝から何かしらの活動をしたらそれはもう朝活です(^^)

なぜ出来る人は朝活をしているのか?

朝活 朝活とは おすすめ

朝活をしている人=出来る人

そんなイメージってありませんか?


no-img2″>
 <figcaption class=

僕はなんとなくそんなイメージがある!

◆スティーブ・ジョブズ(元AppleCEO)
◆ジェフ・ベゾス(Amazon.comの共同創設者)
◆トーマス・エジソン(発明家)
◆村上春樹(作家)
◆宗次徳二(CoCo壱番屋の創業者)
◆織田信長(戦国武将)

サクッと調べても著名人がこれ以上に朝から活動をしていると出てきます。

上記のように誰もが知っているような成功者も朝活をしていたみたいですね!


朝活をする理由としては

☑一日を長く使える
☑朝仕入れた情報をそのまま使える
☑タスク管理で行動の効率化ができる

この辺りのことが考えられます!


社会人はただでさえやる事が多いですが、規模が大きくなるにつれてさらに仕事に時間を取られる。

自分の時間、成長するための時間は必須。


朝活はそんな忙しい人にとってピッタリです(^^)

一日を長く使える

朝活 朝活とは おすすめ

朝早くから起きて活動するので一日がかなり長く感じます。

早く起きる分、早く寝ようとするので生活リズムも規則正しいものになり健康面への影響もGOOD。


仕事終わりの夜に勉強したりインプットするのももちろん良いことです。

ですが仕事で疲れた肉体と頭よりも、寝起きでシャキッとした状態でスタートすると効率が良い!


さらに朝はテレビなどの誘惑も夜に比べて少ないので集中して活動ができます。


no-img2″>
 <figcaption class=

よし、作業スタート!


こうしてスタートしてもついついSNSを開いたりテレビを見てしまったりしていませんか?

こんな誘惑も朝活では少ないので、誘惑に負けがちな人にとっては一番効率よく作業ができる時間帯とも言えます!  

朝仕入れた情報をそのまま使える

朝活 朝活とは おすすめ

例えば朝に勉強したとします。

インプットした後に自分に定着させるにはアウトプットすることが欠かせません。


朝活でインプットした情報はそのまま午後の活動などの時にアウトプットする機会が多い!

夜の勉強だと、終わったらそのまま寝るだけなのでなかなかアウトプットの機会はありませんよね?

例えばセラピストなら、朝に仕入れた知識を職場のスタッフや患者さんに説明することでアウトプットになります。


なので、学んだことをしっかり自分のものにするためにもインプットのタイミングは朝が望ましい!


no-img2″>
 <figcaption class=

夜の方が集中できる人はSNSを活用してアウトプットしてみよう!


集中しやすいタイミングは個人差もあるので、夜の方がいい人は上手にSNSを活用です(^^)

タスク管理で行動の効率化

朝活 朝活とは おすすめ

朝活中に一日のやることリスト(タスク管理)をするとやるべき事が明確になります。


no-img2″>
 <figcaption class=

あ!今日あれやるの忘れてた……


こうなって、やる事がだんだん後回しになっていませんか?


一日のやることリストがしっかり決まっていると人間は行動しやすいです。

サクッとタスクをこなす事でさらに時間も生まれます。


やることの優先順位をつけて、後回しにしない生活のリズムを作ってみましょう(^^)  

僕も朝活をやってみた

朝活 朝活とは おすすめ

目覚ましを15分ほど早くかけてみました。

それくらいなら無理なく起きれていい感じです(^^)

15分早く起きてダラダラせずに動きはじめたら30分くらい時間が作れました。


no-img2″>
 <figcaption class=

早起きは15分だけなのに多くの時間ができたな……


この時間が増えた謎はいまいち理解できてきませんが、まぁ増えたのなら良しとしよう。


そんなくらいでプチ朝活。

僕がやっている内容は

◆一日のタスク整理
◆読書or動画
◆ブログを書く
◆筋トレ

やらないといけないことや締切が近いものを把握、行動できるようにした後にインプット。


日によってはアウトプットを兼ねてブログを書いています


no-img2″>
 <figcaption class=

これも朝に書いてるよ!


出勤の時間が近くなってきたら最後にかるーい筋トレで体にエンジンをかけて終わり!

ここで追い込みすぎると仕事が疲れちゃうので僕はかなり軽めのメニューにしています(^^)


夏の暑い時期だと愛犬の散歩が早朝にシフトするので、そのまま二度寝せずに朝活スタート!

一日の使える時間がめちゃくちゃ伸びますし、夜は眠たくて早く寝るので生活リズムも整って最高です(^^)

朝活のおすすめは『ほどほどからスタート』

朝活 朝活とは おすすめ

no-img2″>
 <figcaption class=

よし!明日から自分も朝活だ!


このように意気込むのはいいですが、始めから気合いを入れすぎると長続きしません。


早起きは結構な労力を使います。

筋トレが代表的ですが、いきなりガッツリ始めてもそれを毎日のルーティンにまで昇華出来る人はほとんどいません。

明確な目標を持った人かメンタルつよつよな人だけでしょう。


no-img2″>
 <figcaption class=

まずは小さくからスタート!


最初は10分だけ時間を作ってみよう。

案外できそうだから後10分早めてみよう。

こんな感じでコツコツと小さく始めることをおすすめします!


せっかくやるなら長続きできるように。

頑張りすぎで挫折するのはもったいないですからね。


朝活をすることで疲れを溜めすぎないように。

自分の体調をちゃんと把握した上で朝活をすることが大切です(^^)

朝活とは?簡単にできるおすすめの朝活スタート方法のまとめ

朝活 朝活とは おすすめ

◆朝活を超おすすめ!
◆一日を長く使える
◆朝仕入れた情報をそのまま使える
◆タスク管理で行動の効率化ができる
◆いきなり早起きではなく、少しの朝活からのスタートがコツ

以上です!


一日の時間はみんな決まって等しく24時間!

この平等に割り振られた時間を有効に使えるかどうかは自分次第です。


初めは朝起きるのも辛くてなかなか上手くいかないかもしれません。

それでも週に1日、週に2日と少しずつ朝活の時間を増やしていけばきっとそれは将来を明るくしてくれます!


無理ない範囲で朝活始めてみませんか?

人生豊かにするために、一緒に頑張りましょう!


no-img2″>
 <figcaption class=

朝活に使えるツールはコチラから♪(近日公開予定、ちょっと待ってね)