たまおのブログ奮闘記

鍼灸師・柔整師が語る健康や整骨院開業のサポートブログ

小規模事業者持続化補助金はメリットが多い!

小規模事業者持続化補助金 メリット


商工会議所へと足を運ぶこと二ヶ月。

小規模事業者持続化補助金の申請に通過することができました!


パチパチパチ!

おめでとう!僕!

ツイートの補助金の名前は間違えてるけど、些末なことだよ!


これで今まで諦めていた施策を進めることができる……。


この記事では

◆小規模事業者持続化補助金とは?
◆どんな対策をしたのか

こちらのことについて解説していきます(^^)

店舗経営をしている方は参考にしてくださいね!

◆鍼灸整骨院業界12年目
◆総施術件数20000件超え
◆現在、開業して鍼灸整骨院の運営


これらの実績を持つ鍼灸師・柔道整復師の管理人が記事を作成しています!

小規模事業者持続化補助金とは?

小規模事業者持続化補助金 メリット

小規模事業者とは5人以下または20人以下の事業者を指します。

業種によって人数の制限が変わってきます。

僕の場合は一人の院ですので、問題なくこの対象に。


この制度の要点として

◆商工会議所や公庫の経営サポートを受けている
◆企業の売上拡大のために使う資金
◆資金の3分の2。最大50万円までサポート。
◆資金の使い道はあらかじめ明確にしておく


などがあります!


no-img2″>
 <figcaption class=

資金繰りが上手くいっていないから補助金が欲しい!

これはダメです。

売上拡大のためという項目に該当しておりません。


資金の使い道についてもあらかじめ明確にして申請書に詳細を記入しなければなりません。


ホームページ作成、販路拡大のための施策など。

こういうことをするから売上が上がる!

そのために補助金が必要だ!

ということを資料に落とし込んでいきます。

小規模事業者持続化補助金の注意点

小規模事業者持続化補助金 メリット

僕も途中まで気づいてなかったことがあります。

それは


先に全額を建て替える必要がある

ということです。


全額の50万円の補助金が通ったとします。

通った段階でいきなり50万円が貰えるわけではありません。


まずは全額の75万円をいったん自己負担。

そのお金は何に使われたのか、料金はしっかりと申請通りなのかを審査されます。

審査が認められた段階でかかった費用の3分の2が振り込まれる。

75万円負担

申請通りの使われ方か審査

承認

50万円が振り込まれる(自己負担額の3分の2)


上限が50万円なのでそれを超えてしまった分は戻ってきません。

範囲内であれば申請の時の見積額よりも少なくなるのは大丈夫とのこと。


また、国の制度ということもあり認可が下りるまでは結構な時間がかかるようです。

書類が何回もチェックされたり、場合によっては実地調査に来るケースも。


補助金も使える期間が決まっているので、補助金申請が通ったら次の行動をスピーディーに。

領収書や請求書の提出も必要になってくるので各資料の保管にも注意です!

地域によっては額が増える!?

小規模事業者持続化補助金 メリット


地域によってはさらなる申請を重ねることで、補助金の額が上がるみたいですね!

額が上がると出来ることの幅もぐっと広がります。

大々的に広告宣伝したり、なにか改装などで費用負担が大きくなりそうな時は一度役所に問い合わせてみるのもいいかもしれません(^^)

小規模事業者持続化補助金の申請までにやること

小規模事業者持続化補助金 メリット

商工会議所に通いました。

僕の場合で週一を二ヶ月半くらい。

水曜の朝が休みなのでそこで通いました。


申し込みの条件に

『商工会議所または商工会の支援を受けている』

という項目があります。

申請書類の一つに商工会議所の人にハンコを押してもらって作成するものが必要なんですね。


そういうわけもあり

開業資金の借入の時の創業計画書を作るときにお世話になった方にまたお世話になることにました。


店舗のコンセプトやペルソナはすでに開業前に決めています。

今回考えるのは


「行動をすることでどのような効果が出るのか。その狙いについて」

こんなところですね。


国の制度ですので、審査する側もシビアに見てきます。

この事業所には本当に補助金を出す価値があるのか。

それを書類一つで伝えなければなりません。


何度も足を運び、その度に課題を出され、それを考えていく日々。

開業前に創業計画書を必死で作成したことを思い出しました(^^)

小規模事業者持続化補助金はいつでもやってるわけじゃない!

小規模事業者持続化補助金 メリット

小規模事業者持続化補助金は申請できる時期が決まっています。

小規模事業者持続化補助金 メリット 出典:大阪府商工会連合会


この期間内に申請書類を仕上げて提出しなければなりません。


no-img2″>
 <figcaption class=

ゆっくり対策練るか〜


こんな風にゆっくりしてる暇はありません!

刻々と期日は近づいてきて、焦って作った申請書のクオリティは低い。


こうなるとどれだけ良い企画でも弾かれるでしょう。

そうならないようにも早めからのスタートで!


じっくりと腰を据えて申請書を作る。

これをすることで客観的に自分の事業を見ることができ、コンセプトの深掘りや新たな発見が出てくるかもしれません!

小規模事業者持続化補助金についてのまとめ

小規模事業者持続化補助金 メリット

◆商工会議所や公庫の経営サポートを受けている
◆企業の売上拡大のために使う資金
◆資金の3分の2。最大50万円までサポート。
◆資金の使い道はあらかじめ明確にしておく
◆機械購入はダメ
◆先に全額を立て替えておく必要がある
◆地域によっては補助金の額は申請で多くなる
◆申請期間は決まっている


今のところ2018年、2019年と続けて行われている小規模事業者持続化補助金。

来年もあるかどうかはわかりません。


しかし、もしまた補助金制度が出てきたら?

早く行動している人の方が時間にゆとりがある分クオリティを上げることができます。


毎年の4月頃から募集が開催されると商工会議所で聞きました。

興味のある方は公式に出された情報はくまなくチェック!


新しく集客などの行動に出たいけど、費用負担が大きくてなかなか一歩が踏み出せない。

そんな経営者の方は一度この小規模事業者持続化補助金の申請を考えてみるのはいかがでしょうか?(^^)